ごあいさつ

HOME | ごあいさつ
img20191029095253204191.jpg img20191116003706976923.png s__103309355.jpg

学園長のご挨拶

名誉会長 川並 弘純
(理事長・学園長・学長)

 


名誉学園長のご挨拶

名誉学園長 川並 知子
(名誉学園長・附属四園総園長)


 コロナ禍において香和会の皆様方にはお気遣いの多い日々をお過ごしのことと存じます。  1933年に川並香順・孝子両先生により創立された聖徳学園は今年88年目になります。
 1965年に短期大学を開校2年目に香順先生急逝、7年後に孝子先生逝去、父の後継として弘昭が理事長に就任。皆様方のお力添えにより学科増、定員増を繰返し、短期大学はゆるぎないものとなりました。その基盤をもととして、1983年より附属小学校、中学校・高等学校5校を創設、1990年に大学、大学院を創設し、学園創立57年目にして幼稚園から大学院までの総合学園を築き上げたのです。
 2011年弘昭逝去。理事長として46年間走りつづけた人生でした。3代目理事長に長男弘純が就任し10年目となります。超少子化社会に突入し時代の変化の著しい中で、かつてない多難な問題が山積いたしております。
 皆様方のお知恵を頂くと共に物心両面でのご支援ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

 
 

2021年度会長挨拶

長江 曜子(香和会長)


 香和会会員の皆様、コロナ感染症拡大2年目に入り大変な状況下においても、お元気でご家庭や、社会でご活躍のことと存じます。  令和2年度の香和会活動は、「コロナだからできないではなく、コロナだからこそ工夫して実行する」事を役員一同前向きに考え行いました。コロナを正しく恐れながら、川並弘純聖徳大学学長先生や大学の全面的なご協力の下、オンラインやハイブリッド形式を駆使しながら「つながる・ひろがる・和の精神」をテーマに粛々と事業を実行いたしました。
 コロナ渦中にあっても、①会報の改革として、卒業生の活躍を対談で伝え、学部・学科の同窓会の紹介等刷新しました。②新ホームページの開設、スマホでも見やすく致しました。③9月のハイブリッド(会場参加とオンライン同時配信)式総会の実施や12月の南北関東支部パーティの完全オンライン開催等、また、LineやZoomを利用した正副会議・役員会、代議員会・合同研修会の開催等を行うことができました。
 令和3年度も、「コロナだからこそ工夫して実行する」香和会活動に対して、皆様ご理解、ご支援ご協力をよろしくお願い致します。